ピーチ航空の特徴と上手な活用方法

落ち着いて静かに乗れる

落ち着いて静かに乗れるふるさと納税で安く乗れるビットコインで飛行機に乗れる

ピーチ航空は唯一の日系格安航空会社(LCC)で、運営会社のPeach・Aviation株式会社はANAホールディングスが筆頭株主です。
このため、地上支援業務や乗務員の訓練などは全日空が委託を受けて行われています。
2012年3月から就航を開始し、他のLCCと肩を並べるほどの低価格を実現しています。
関西国際空港を拠点に日本各地の主要都市を結んでいます。
国際線は関西・那覇・東京(成田/羽田)とソウル・香港・台北・上海・バンコクを結んでいます。
大手航空会社と比較した場合のLCCの特徴は、機内サービスは必要最小限に簡略化されていることです。
例えば、機内で提供される飲食物は全て有料です。
国内線や短距離の国際線であれば飲食物を必要としない人もいます。
大手航空会社で飛行中に無料で提供される飲料が不要に感じる方は、サービスが簡略化されたLCCを利用した方が機内で快適に過ごすことができます。
機内サービスが簡略化されていると乗務員が通路を歩きまわる頻度が低くなるので、落ち着いて過ごしたい方におすすめです。
ピーチ航空は運賃が安いことに加えて、就航率が非常に高いというメリットがあります。
2013年には99.8%の就航率を達成し、遅延や欠航が少ない航空会社のひとつとしても有名です。